« ブログにおける議論に関して | Main | パクリブログが流行ってるらしい »

2005.09.05

Amazonのカスタマーレビューって?

アマゾンのカスタマーレビューを堂々と転載してるブログが目に付きはじめた。んで、このカスタマーレビューの著作権の条件を読んでみると

Amazon.co.jp 利用規約
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/643006/249-8656219-3160369

お客様がコンテンツの投稿または素材の送信を行った場合、お客様は、Amazon.co.jp とその提携会社に対して、そのようなコンテンツを使用、複製、変更、翻案、公開、翻訳、二次著作物の作成、配布、世界中のメディアに表示できる、非独占的 な、無償の、永続的な、取り消し不可能な、完全なサブライセンスを含む権利を許諾したものとみなします。

というわけで、AmazonだけじゃなくてAmazon提携会社にまで「永続的な」使用の許諾を与えたことになります。んで、Amazonの提携会社というのがどういうことかというと、アマゾンウェブサービスを利用してる人全ても含まれているようです。(ここ、嘘かも。というか全部嘘かも。真実は自分の目で見て判断すること)

つまり、カスタマーレビューをそのままコピペして、まるで自分がレビューを書いたかのように見せかけているブログがあったとしても、著作権に全く問題ないということになります。もちろん、そのレビューには、ブログ管理者のAmazonアソシエイトIDがついてるわけです。つまり、人のレビューをコピペしまくって、ブログ上で稼ぐことが可能なわけです。

この事実に気付いてる人はどのぐらい居るでしょうか?この事実を知ってて、なおレビューを書き続けている人は居るのでしょうか?

確かに、法的には全く問題ない行為です。でも、容認したくはありません。

もし、貴方が素晴らしいレビューを書いたとしたら、そのレビューをコピペしてアフェリエイトで稼ぐ他人が存在する、しかもかなりの数存在します。ベストレビュアなんかになったら、更にコピペされる確率は上がります。

こういうことをする人は、今後もっと増えていくでしょう。無料のレンタルブログを利用して、他人の文章をツールを使って取得し、どんどん記事をアップするだけでお金が手に入るのです。お金も労力もほとんどかかりません。

嫌な世の中になってきました…。

でも、Amazon便利で使っちゃうんですけどね。不買運動しないとなぁ。

|

« ブログにおける議論に関して | Main | パクリブログが流行ってるらしい »